委員会活動計画

会員増強・選考・職業分類委員会

委員長:倉谷 勝
副委員長:牧田 和樹

【目 標】
創立50周年迄に50名の会員にする。
今年度3名の入会を実行する。特に女性2名を入会して頂く。
【計 画】
従来通りの増強に止まらず、広く視野を広げ、若い人、女性、又地域の枠も広く声かけ、入会をすすめる。

ロータリー情報委員会

委員長:米田秀樹
副委員長:北山剛
副委員長:中瀬茂喜

【目 標】
全会員、特に新会員がロータリーを十分理解し、会員の特典と義務及び責務を把握できるよう援助する。
【計 画】
1.炉辺会合を実施して新しい会員とベテラン会員との交流を通し、効果的なロータリークラブを目指すと共に親睦を深める。
1.ロータリアンの基本ルールの徹底をはかる。
1.ロータリーの主な行事への出席を促す。(地区大会・地区協議会・研修等)

クラブ奉仕委員会

委員長:三箇 洋
委員:クラブ奉仕部会各委員長

【目 標】
クラブの機能を充実させる為、関連委員会との連携を図る。
【計 画】
1.各委員会の計画・実行に協力し、活力あるクラブづくりに努める。
1.ロータリー情報の認識を再確認に努める。

親睦委員会

委員長:中井 昌人
副委員長:堀田 澄央
副委員長:篠島 光一

【目 標】
○会員相互の親睦を図り、会員が楽しく出席できる場をつくる事で、その輪を拡げる事を目標とする。
【計 画】
1.メンバー家族が共に参加出来る例会を計画し、ロータリー活動の理解と親睦を深める。
1.夜間例会を通してメンバーがより一層親睦を図り、絆を深める。
1.会員の誕生日や結婚記念日及びその他の記念日には、お祝いを贈って祝福する。

プログラム委員会

委員長:北山 剛
副委員長:米本 進

【目 標】
クラブ例会を充実し、会員相互の親睦と理解を深めるために、理事会や他の委員会と緊密な連携の下で、バランスのとれたプログラムを計画する。
【計 画】
1.納涼例会・クリスマス家族懇親会・年男新春放談等々の恒例プログラムについては例年通り実施する。
1.会員卓話
会員が所属する業界、従事する職業の現状、将来動向等について、会員に情報提供をしてもらうと共に意見交換を行う。
1.外部卓話
内外の政治経済状況や歴史・文化・芸術活動等の深い知識と見聞についての卓話をお願いし、今後の会員の参考にしてもらう。

出席委員会

委員長:今泉 嘉宏
副委員長:藤原 健治

【目 標】
出席率100%を目標に掲げ、ホームクラブの出席率の向上を図る。
【計 画】
1.皆出席者の表彰。
1.例会欠席者には、メーキャップを履行するよう促す。
1.例会以外の公式会合の出席を奨励する。

会報・ホームページ委員会

委員長:越後嘉一
副委員長:京谷 政秀

【目 標】
○例会内容を週報を通して会員全員が共有する。
○外部への情報発信手段として、ホームページの充実を図る。
【計 画】
1.委員会員に月ごとに週報担当月を割り当て1年間週報を発行し、同時にホームページにアップする。

広報・雑誌委員会

委員長:鴨野順次
副委員長:海老 克昌

【目 標】
○会員増強に繋がる広報活動の実施。
○ 「ロータリーの友」を活用し、ロータリークラブへの関心と理解を深める
【計 画】
1.クラブの年間活動に基づき、各事業を把握し、広報活動の計画に立案。
1.効果的な広報の検討及び実施。
1.例会時に「ロータリーの友」を活用しRI及び他クラブの活動の紹介を通じて、会員の理解を深める。

二コBOX委員会

委員長:金田 安夫
副委員長:西谷 義人

【目 標】
Smile Boxは、情報マニュアルによると、例会場で会員の自由意志、善意の寄附金を入れる箱をいい、1936年大阪RCで初めて実施されたロータリー特有のもの。会員、家族、事業場の慶び事、御祝い事をニコニコしながら披露し、喜びを分かち合い、又失敗や、迷惑をかけたときにもユーモアたっぷり苦笑し、例会を賑わせて、親睦を増進し、集まったお金は主として、奉仕活動に使われると、記している。今年度もこの精神を大事に活動したい。
【計 画】
善意の寄附金が会員同士に気持ちよく、出来れば会員同士公平感あふれるものにしたい。金額メニューも一部見直しをしたい。
〈参考〉各年度累計金額

2017~2018年度 1,284,600円 43名
2016~2017年度 1,247,000円 43名
2015~2016年度 1,240,000円 41名
2014~2015年度 1,153,000円 40名
2013~2014年度 1,389,000円 38名

友好クラブ委員会

委員長:中野 清志
副委員長:穴田 茂

【目 標】
○郡上八幡RC・伊勢崎中央RCとの更なる交流。
【計 画】
1.郡上八幡RC・伊勢崎中央RC・新湊RC3クラブ合同交流会を年に1回開催する。
1.郡上八幡RC創立50周年式典に出席する。

SAA委員会

委員長:中曽 修一
副委員長:今泉 嘉宏

【目 標】
○規律及び秩序を守るよう、会員に呼びかけ、ロータリアンとしての誇りと気概、風紀を守るよう努める。
○例会及び行事が楽しく和やかな雰囲気になるよう努める。
【計 画】
1.ロータリアンとしての規律及び秩序を守るよう呼びかける。
1.来訪者(ゲスト及びビジター)の方々に対して充分な気配りをする。
1.例会の欠席及び遅刻の防止、バッジ着用の遵守に努める。
1.会員相互の親睦と交流を図るため、2カ月毎にテーブルチェンジを行う。

職業奉仕委員会

委員長:棚辺准
副委員長 丸池満

【目 標】
○ロータリーの例会を通じて、ロータリアンがお互いに職業の発想を交換し、参考にする。
○職業奉仕はロータリーの根幹をなす思想であり、また活動である。
○自分の職業に誇りを持ち、職業を通して社会に奉仕する。
【計 画】
1.「四つのテスト」を唱和し、職業奉仕の真の意味を認識する。
1.例会時に自分の職業の成功談を語っていただく。

社会奉仕委員会

委員長:米本 進
副委員長:東海 勝久

【目 標】
○クラブ全体で、下記に掲げる計画を実行することにより、メンバーが個々に身近な社会奉仕活動を見出し、ロータリアンとしてその実力を発揮し実践することにより、よりよい地域社会を創るための原動力となってもらいたい。
【計 画】
1.「グルッと手をつないで、美しい富山湾!」の企画に参加・協力する。
1.内川を愛する会に協力し、住み良い住環境のお手伝いをする。
1.ろう唖者協会に協力し、ボーリング大会を開催する。
1.内川十楽市(7月27日・28日)に参加し、バザールを催し、その収益金は市に役立てていただく。

青少年奉仕委員会

委員長:田中 一之
副委員長:井上 拓光

【目 標】
少子化・核家族化等の進展により、地域や社会のために活動することや、青少年と社会の関わりが薄らぐ中、子供達には、体験する・挑戦する・目標を持つという活動の機会の充実支援を図る。
【計 画】
○射水CATV高岡CATV主催の西野勇士野球教室に協力する。
○射水市内の青少年活動に積極的に支援協力する。

国際奉仕委員会

委員長:堀田 澄央
副委員長:境 孝雄

【目 標】
○ロータリアンとしての国際奉仕に対する認識を深め、国際理解と親善を推進するために、委員会事業を通して国際理解とホスピタリティを実施したい。日本に来られた外国の方々と日常の交流を通しての国際奉仕活動を行う。
【計 画】
1.「フレンドシップin新湊」の企画実施

国際青少年交換学生委員会

委員長:境 孝雄
副委員長:加治 定勝

【目 標】
○国際間の協調を推進し、貢献できる若者の育成に向けて支援する。
【計 画】
1.交換学生の派遣と受け入れ
1.フレンドシップイン新湊の実施

ロータリー財団委員会

委員長:織田 勝長
副委員長:三箇 洋

【目 標】
○2013年7月からスタートした「みらいの夢」計画に伴い稼働した、新しい補助金システムを上手に活用して、クラブの事業をより充実したものにしたい。
○補助金制度を広くメンバーに理解してもらうよう努力する。
○一人当たり150ドルの寄付推進。
【計 画】
1.地区委員会役員による卓話の開催。
1.補助金の活用事例などの情報を得るための、セミナー出席。

米山記念奨学会委員会

委員長:浅井 育弘
副委員長:津幡 晃

【目 標】
米山記念奨学会の目的と現状を把握しながら、その必要性を会員に理解してもらい、奨学会への寄付促進を求めていく。
【計 画】
1.積立金を検討し、寄付への協力を求めやすくする。
1.米山月間に奨学生を招いて卓話を実施する。