会長所感

 2020 – 2021年度 
新湊ロータリークラブ
会長 鴨野 順次

ご挨拶

創立50周年を迎える新湊ロータリークラブ2021~2022年度の会長にご指名いただき、その責任の重さにこれまでにない緊張感を覚えております。浅学非才の身ではございますが、歴代会長をはじめ諸先輩方が築き上げてこられた伝統を継承し地域に根差すクラブ運営を心掛けたいと思います。

 シェカール・メータRI会長は2021-22年度のテーマを「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」とされました。メッセージの中では、「もっと行動(大きなインパクトをもたらす奉仕プロジェクト)するために、もっと成長(会員を増やし、参加者基盤を広げる)する必要があると説いておられます。

 そして、国際ロータリー第2610地区の神野ガバナーは、社会生活を一変させた新型コロナウィルス感染症を取り上げ、社会もクラブ運営もコロナ禍以前には戻らないと認識すべきである。」とし、地区方針をレジリエンス~未来のロータリーを築こう」とされました。現在、ロータリークラブの活動は極めて困難になっておりますが、これらを目標に活動してまいりたいとともに、周年事業も予定しております。会員各位のご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い致します。

ご挨拶画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e8da851469c77e6c323723b02bebb7cb-1024x768.jpg

2021 – 2022年度
新湊ロータリークラブ
幹事 境  孝雄

この度、2020-21年度の幹事としてご指名頂き、身に余る光栄と思うとともにその責任の重さを痛感しております。鴨野会長が掲げる年度方針のもと、会員が明るく楽しく、誇りをもって在籍できるクラブであるよう一生懸命つとめさせていただきます今年度は、クラブ創立50周年を迎えるにあたりね記念式典はじめ記念講演、記念事業、祝賀会行います会員の皆様には例年以上のご支援、ご協力を賜りますよう一年間どうぞ宜しくお願い致します。